SG校正ライターPRESENTSウエブ・コト ウエブのプロがいろんなことをまとめてみました
ライティング
2017/10/10
『何となく』でキャッチコピーを作らないで!

『何となく』でキャッチコピーを作らないで!

これは、キャッチコピーに限った話ではありませんが、「何となく気に入った言葉や画像を使いました」という人がいます。それを『直感』という言葉に言い換える人もいますが、クリエイティブにおいて、『何となく』で決定するのは感心できません。もちろん、閃き的なアイデアは『きっかけ』にはなります。普通では思い付かない故に、喜びも大きいでしょう。しかし、そうした思い付きだけでクリエイティブを進めていくと、ユーザーの心に響くものはほとんど完成しません。

アイデアをキーワードに据えながら、広告を見るユーザーが求めている情報とつなげることで、心に響く広告へと昇華されるのです。直感から生まれたアイデアは確かにきらびやかに感じますが、実際は論理性に欠けたものも少なくありません。説明くさくする必要はありませんが、やはりクリエイターとして「何でこの言葉・画像を選んだの?」と聞かれた際に、ユーザーに納得してもらえる説明をしたいところです。この納得こそ、特にホームページのキャッチコピーに求められる要素の一つなのです。インパクトだけだとすぐに飽きられてしまいますが、納得できた情報に対しては無意識に好意を抱きます。

閃きは大事にしながらも、そこにしっかりとユーザー心理を盛り込むことができれば、きっと長く愛される広告が出来上がるでしょう。
Web校正ライター

Written by Web校正ライター Calibration Writer Of Website

ステージグループの校正ライターです。
当ブログでは「555文字ぴったりで、分かりやすく」をコンセプトに、Web用語をはじめとする様々な日本語の解説や、各種法規・最新の時事ニュースの紹介を行っています。
更新は毎週火曜・木曜です。ぜひこまめにチェックしてみてください。

WEB制作、WEB戦略、企業アライアンスなど
ステージグループへのお問い合わせはこちらで承ります。

TEL:03-3263-0219