SG校正ライターPRESENTSウエブ・コト ウエブのプロがいろんなことをまとめてみました
ライティング
2018/02/01
化粧品やサプリなど、女性向け商材における薬機法NG広告表現

化粧品やサプリなど、女性向け商材における薬機法NG広告表現

今回は、メイクアップ化粧品やダイエットサプリなど
女性をターゲットとした商材をホームページなどで広告する際に
薬機法違反となる広告表現を3つご紹介します。


(1)アンチエイジング
“加齢に伴う老化を防止する”という意味で
よく使われる言葉ですが、
猫型ロボットのような存在が生まれない限り、
老化を止めることはできませんよね。

化粧品や健康食品の場合、
「アンチエイジング」の言葉があるだけで
薬機法違反になる
恐れもあるため、
使用しないようにしましょう。


(2)痩せる・サイズダウン

健康食品やサプリメント、美容器具など
ダイエットを目的とする商材の場合、
「(これを飲む・使うだけで)痩せる」とは言えません。


特にダイエット商材に関しては
年々消費者庁の目が厳しくなっており、薬機法だけでなく、
景品表示法の観点から注意を受ける可能性があります。


(3)生理痛・冷え性・更年期障害

上記のような女性ならではの症状や病名は
医薬品でない限り、広告に掲載することはできません。
「冷え性の方に」と推奨するような文言もNGです。

症状や病名を記載すると
「無承認の医薬品を無許可で販売した」として
薬機法違反になる恐れがあります。


女性に向けてアピールするために
つい訴求力のある言葉を使いたくなりますが、
薬機法を遵守した広告・ホームページをつくるようにしましょう。

--------------
医療系・法規に強いWeb制作・Web集客については、
専門ブランド メディカルウェブステージで常時無料相談を承っております。
https://www.medicalwebstage.jp/
--------------


☆Webやホームページで気を付けたい薬機法に関するバックナンバー

ホームページにも関わってくる「薬事(薬機)法」とは?
うっかり忘れやすい薬機(薬事)法の基本ルール
ホームページで「病気が治る」「完治する」は言えない?
Web校正ライター

Written by Web校正ライター Calibration Writer Of Website

ステージグループの校正ライターです。
当ブログでは「555文字ぴったりで、分かりやすく」をコンセプトに、Web用語をはじめとする様々な日本語の解説や、各種法規・最新の時事ニュースの紹介を行っています。
更新は毎週火曜・木曜です。ぜひこまめにチェックしてみてください。

WEB制作、WEB戦略、企業アライアンスなど
ステージグループへのお問い合わせはこちらで承ります。

TEL:03-3263-0219